スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリル

先日ジュラルミンからハブを作っていたときのことです。

下穴3mm、6.8mm、タップM8にて作業をしようと思い、
3mmのドリルを使っていたとき、
突然、グリゴリといやな手ごたえがありました。

なんとドリルの先端が材料に食い込んで、
砕けるように折れてしまいました。
カケラをペンチで抜き取りましたが、
先端部は材料の中3mmぐらいのところに埋まっています。

下穴としては最後のところだったので、
とてもすべてをやり直す気になれません。

そこで、折れ残った先端ごと突き進んでやろうと思い、
超硬チップのついたコンクリートドリルを取り付け、
気合と、切削油で掘り進んでみました。

まず3.5mmから始めましたが、
切削油に混じって粉状のものが出てきました。
音と感触が変ったところでドリルを引き上げてみると、
先端がほとんどなくなっていました。
次に4.3mm、4.8mm、5.0mmと
コンクリートドリルセットにあるものを、
次々と試していきました。
5.0mmになってやっと、固いもの同士の感触が無くなり、
穴の底がアルミの色になっていました。

ついに折れたドリルの亡霊が無くなりましたので、
通常の6.8mmのドリルで下穴をあける事が出来ました。


コンクリートドリル
がんばってくれたドリル達です。
先端のチップがほとんどなくなってしまいました。
右から3.5,4.3,4.8が使い物になりません。
最後に使った5.0と、未使用の6.0が無事です。

幸い穴の位置のずれも無く完成しました。
事の発端はドリルの回転数の選択ミスからです。
良い経験をしました。

コメント

非公開コメント

プロフィール

発途工

Author:発途工
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。