FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイクロン集塵機の製作

CNC彫刻機が完成したので、
テスト切削をしたのは、昨日書きました。

その時人口大理石を削っていて
大量の切子が出ました。

以前汎用機で試したときもそうでしたので、
あらかじめ予測していたのですが、
やはりこのままでは困りますので、掃除機の出番です。

ただ、通常の掃除機を、
リトフェインの加工時間の3~4時間も連続運転をするのは
ちょっと持たない(もったない)かなと思います。

そこで、省消費電力の集塵機を作ることにしました。


まず材料ですが、
動力部はシロッコファンを使いました。
日本電産サーボという会社の、
E1033H12BAAZ-00というものにしました。
値段的に手ごろで、
12V,1.25Aと手持ちのACアダプターで十分動くことで決定しました。
15Wととても省電力です。

本体部分は、雨どいの切れ端、プラスチックの広口ビン、
花を買ったときについてきたプラスチックの植木鉢2個、
流しの排水用のホース、水道配管用のジョイント2個、
柿の種の入っていたプラスチックケース。
と大体こんなところです。

それとモーター側に取り付ける、集塵スカート?
シリコン製のカップ状のもので、お弁当箱の仕切りです。
集塵スカート
1個100円です。

後、接着にはホットボンドを使用しました。
隙間の充填など簡単に出来、冷えると固まるので、
作業性も良い、剥がしにくいのですがカッターで簡単に切れる。
ホットボンドは良く使います。
集塵機本体部品
ジョイントの部分は一部旋盤で削ってあります。
斜めの部分はグラインダーで削りました。

こんな感じに組みあがりました。
集塵機取り付け

早速削ってみました。
150mmX100mmのリトフェインです。
工房の、コンピュータにつないだところ、
誤作動もなく荒削り1時間、仕上げで4時間近く動いていました。
初リトフェイン
少々吸い取りムラもありますが、
ほぼ納得の行く結果です。
ただ吸塵力が弱いので、
ワークの上のものはいいのですが、
一旦ワークの外に落ちたものは、
次にヘッドが近づいたときに吸い込む感じです。

柿の種の容器の中では
[広告] VPS

サイクロンくるくるです。

また、テーブル上では、
[広告] VPS

集塵スカートがうねうねして、切子の吸い取りを助けてます。

加工終了時点で、
タンクの底から3cmぐらい溜まりました。
テーブル回りは少々こぼれている程度で、
地面には、一つまみのパン粉を振りかけたぐらいですみました。
テーブル回りのこぼれているものはホースを外して吸い取りました。
ただ、ものすごく細かい埃は、タンクの中にとどまりきれず、
排出されるようです。

材料費は、シロッコファンを含めても5000円程度でしょうか。

これで一通りのCNC彫刻機の製作が終わりました。
最後の加工のところは昨日のことです。

昨日の時点では、PhotoVCarveのライセンスを購入していませんでしたので、
作品の上にクロス上の、文字が入ってしまっています。
切り取ってペンダント状に加工しましたので、問題ないのですが、
余分な切削時間がかかります。

機械が出来たのでライセンスを購入しました。
ところがライセンス購入時、名前を漢字とアルファベットの両方で記載したところ、
送られてきた認証用のユーザーネームが文字化けして認証できずに困りました。
メールを送ろうかと悩んでいました。
(英語のメールは苦手です)

数時間後、何気なくメールチェックしたところ、
漢字部分を省いた認証用のユーザーネームとシリアルの書いたメールが届いていました。
(なんと親切な会社でしょう)

これで認証も通って、正規ユーザーになる事が出来ました。
余分な文字も消えました。

コメント

非公開コメント

プロフィール

発途工

Author:発途工
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。