FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リモコンキーの作り直し

かみさん用の軽自動車(アルト)用のリモコンキーを以前作りました。

その時は、手元にあった材料の大きさで、
人口大理石がちょうど良かったのでこれを使って作りました。

その後落下させたり、ポケットに無造作に入れたりと、
割と雑に扱ってきたせいで、数箇所にひびや欠けが出来ていました。

昨日かみさんが、車から物を取り出そうとしていました。
その時に限って、鍵穴にいれ、力をかけた瞬間、
砕け散ってしまいました。

まあいつかなるとは思っていましたが、
トドメを刺してくれました。

ただ、このままではかなり面倒ですので、
再度作ることにしました。

電気回路の部分は無事でしたので、
本体部分の加工で済みます。

CADデーターが残っていますので、Gコードを作成します。
以前のGコードはポケット部分と、外周部分の原点がずれていて、
手動で修正していましたので、作り変えることにしました。

先日PhotoVCarveのライセンスを購入したとき、
Cut2Dも合わせて購入してありましたので、
こちらも初作業になります。

今まで、USBCNCで、Gコードの変換をしていましたが、
Cut2Dを使ってみて、意外と使いやすいことがわかりました。
(以前Mamo3さんの所で見せていただき、薦めていただきました。)

Gコードが出来たので、材料の切り出しです。
今回はもう少し丈夫になるように、
POM材の板から切り出しました。

手元には、12mm厚の板がありましたので、
これをバンドソーでサイズに合わせて切ります。
4.5mmの厚さが必要でしたので、
半分にバンドソーで割りました。

それを新しく作ったCNC彫刻機にセットし、
厚さを整え、ポケット加工をしていきました。

1mmのエンドミルを使って、
ポケット加工と外周の切り離しに40分ほどかかりました。
ただ、見ているだけで終わりましたので楽チンです。

壊れたリモコンキーと新しいケース
上が壊れた鍵で、下が新しいケースです。

この後、基板部分を組み込んで完成です。
丸くなっている部分に電源用のLR44を3つ入れます。

この材料もかなり透け周りから光が漏れますので、
LEDの回りに、流し台テープというアルミテープを巻きました。
先方の光量も若干増えたように思います。

コメント

非公開コメント

プロフィール

発途工

Author:発途工
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。