FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨を前に

私の家は、築15年ほどたちますが、
数年前より雨漏りが始まってしまいました。
1戸建てなのですが、上階にあるベランダ辺りから
その下にある押入れ周りに漏れていました。

去年の夏ごろよりかなりひどくなり、
大雨のたびに一晩でバケツ1杯ほどになっていました。

そのため、上階の屋根周りや、壁周りや、
ベランダの出入り口もコーキングで塗り固めたのですが、
いまだに、風向きにより少量もれてきます。

とりあえずコーキングできるところはやりつくした感があり、これ以上考え付かないので、漏れた水の処理を考えました。

夏ごろにレジャーシートを天井裏に張り、
中心部に取り付けたホースよりペットボトルに溜める様にしていました。
雨の度に、押入れの点検口より引きずり出していましたが、
夜に突然振り出した場合が困ります。

休みを利用して対策しました。

ビニールのシートを利用して、
パイプで洗濯機の防水パンまで逃げ道を作りました。

ビニールシートは回りに、はと目で補強し、
ロープで引きます。
ロープのアンカーをいろいろ考えたのですが、
最終的に磁石で固定することにしました。

磁石といっても、HDDから取り出したとても強力なもので、
プレート部分にちょうどいい穴か開いていて、
そこにステンレスの針金で輪を作りアンカーにしました。
ビニールシート
アンカー
脱衣所の天井にホールソーで穴を開け、
パイプを落とし込みました。
パイプ

こんな対策では本職の方は???でしょうが、
とりあえず・・・こんなものでしょう。


午後になって、天井作業の続きで、
工房までの200V回線を引く作業をしました。

今までは、200V機器にはインバータで対応したり、
ACサーボも100Vタイプで何とかしていたのですが、
そろそろ200V(単相)のサーボアンプを使わざるを得なくなりましたので、配線しました。
とりあえず、配電盤の1回路あまっていましたのでこれを利用します。
次に取り回しの上でいったん外に出ないといけないので、
壁にホールソーで穴を開けました。
壁から電線
穴の部分は余ったパイプで保護しました。
屋外部分は塩ビパイプと、フレキパイプで配管し、
その中を2mmにFケーブルを通しました。
パイプが結構細かったので、なかなか電線が通りませんでしたが、
時間をかけて何とかしました。

これで、200V機器も使用することができます。


3時ごろには終わりましたが、
雨漏り対策で、天井裏で格闘したのが災いし、
手首と腰にがかなりダメージが・・・
(明日がつらそうです)
これも、日ごろの無養生のせいでお腹が・・・



尚、私は電気工事士の資格を持っています。

コメント

非公開コメント

プロフィール

発途工

Author:発途工
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。