FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CNCマシン、各軸のモーター交換

先日まで送りねじの改修をしていましたが、
それも終わり、各軸のモーターを交換しました。

使用したモーターは、αステップという、
位置検知の機能が付いたとても賢いモーターです。

個人ではなかなか手の出ない高価なものですが、
幸いヤフオクで手ごろなものがあり、
4軸分購入してありました。

サイズ的には、今までのモーターとほぼ同じくらいなのですが、
トルク的にはとても強力です。

モーターのドライバも結構大きなものになります。

そこで、このドライバーと、
制御基盤を収納するケースが必要になりました。

以前のものはデルのデスクトップパソコンの筐体を利用しました。
今回はタワー型のパソコンにしようと思い、
いろいろ検討をしていたところ、
何気なく寄ったハードオフというお店に、
一昔前のマックが目にと止まりました。
昔のマック
当時とてもほしかったのですが、
高くて手が出なかったものです。
正札には2100円とあり、
即これに決定しました。
マックの中身

一応OSを入れると動くのですが、
未練も何もありませんので、
中身をガンガン取り外しました。

ナッターで取り付けのベースになるねじを取り付け、
3軸分のみドライバーを取り付けました。
制御基盤は、ハードディスクマウントを利用しています。
モータードライバーの取り付け

メインスイッチ類は、
人口大理石の板にCNCでスイッチ部分の穴を開け、
CDドライブが入っていた部分に取り付けました。
マック筐体
昔あこがれていたデザインですので、
結構気に入っています。

制御関係がまとまったので、
モーターの取付けですが、
少し穴の位置が違っていたので、穴を開けなおしました。

プーリー関係では、
X軸では軸径が違いましたので、
アダプターをつけて対応しています。
X軸モーター装換 ⇒ X軸装換後

Y軸はプーリーを新しくしましたので、
そのまま付きました。
y軸装換

Z軸も同様に取り付け穴を変更して、
取り付けています。
Z軸はギア駆動なので、そのまま付きました。
(奥まっている上にカバーをつけてあるので写真はありません)

これでテーブル関係の作業が一通り終了しました。
設定を変更して感じたのは、
とにかくトルクフルです。
F値(移動速度)は今まで、X,Yともに700が限界でしたが、
2000を超えてもまだ余裕があります。
Zも今までは140止まりが700が楽勝です。
これ以上ではモーターよりボールネジをいためそうなので、
X,Y1800、Z700で常用できると思います。

次なる課題は、
主軸の強化(作り変え)です。
これもかなりのハードルで、時間とお金がかりそうです。

とりあえずこのまましばらく使ってみたいと思います。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【CNCマシン、各軸のモーター交換】

先日まで送りねじの改修をしていましたが、それも終わり、各軸のモーターを交換しました。使用したモーターは、αステップという、位置検知の機能が付いたとても賢いモーターです。

コメント

非公開コメント

ケース

凄く良いケースですね
冷却もよさげですね

何よりもパワーがあって
余裕が出来て良かったです
ネジが滑ってくれるのであり溝の
ネジを締めても動いてしまいますので
調整を入念にした方が良いですね

駆動部の完成おめでとう御座います

No title

secさん
いつもありがとうございます。
E-stopやリミット関係の問題も解決しました。
ご教授ありがとうございました。

冷却ファンは、このケースについていたもので、
結構年代物です。
カラカラ音がするのが、ちょっと残念です。
そのうちもっと高効率なファンに交換したいです。
プロフィール

発途工

Author:発途工
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。