FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタビライザーの製作&取り付け

キャビーナトライクのサスペンションもボトムしてもノーズが接地しなくなり、
ブレーキも効くようになりましたので、少し走ってみました。

走り出しや、カーブでのロールがとても怖く思います。
そこで、他の方からもスタビを付けたほうがよいとのことでしたので、
作りました。

材料は、手持ちの鉄角パイプと、
7075(超々ジュラルミン)のブロックのような板材、
購入したのは、ウレタンパイプと、
SUS303(快削ステンレス)の丸棒です。

通常車のスタビライザーは、
丸棒を曲げて作ってあるものが多いと思いますが、
曲げる道具と技術が無いので、分割式にて作ります。

7075材からアームの部分を作ります。
7075からアーム
バンドソーを使って手押しで切りました。
20mmもある板厚のため
両側分で30分程度かかってしまいました。

周りをフライカッターで仕上げています。
結構輝いていますが、
材質上アルマイトをかけていないので、
じきに粉を吹いて曇ってしまいそうです。

トーションバーを支えているところも
同じく7075で作ってあります。
トーションバーはSUS303の丸棒です、
ステンレスのためさびにくいと思います。
太さはΦ12を用意しましたが
強度的に適当かわかりませんでした。
スタビユニット
スタビライザーユニットです

トーションバーとアームは
M6の高強度ボルトを貫通させています。
双方にねじを切りがっちり固めました。

車体フレームとはM8ボルト4本で止めました。
ダンパーとのつなぎには、
10mmのピロボールを使っています。
スタビを取り付けてみた
スタビを取り付けてみたところです。

この状態で、本体をゆすってみると、
結構しっとりしていい感じです。

乗ってみましたが安定感が増したように思います。
何より交差点からの立ち上がりが楽になりました。

30Km/hを越えたあたりからハンドルのビビリがあります。
アライメントを変更して、もう少し乗りやすくなればいいのですが・・・

コメント

非公開コメント

プロフィール

発途工

Author:発途工
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。